私は、家族の病気と向き合いながら生きてきた時間が
とても長いということを改めて感じています

癌、知的障害、統合失調症、認知症 他
血糖値の問題、高血圧、高脂血症など
臓器で言うならば、肝臓、腸、脳、肺、子宮、胃 他

何回手術をしても、薬を投与しても、入院しても治らない・・・
悲しく苦しい時間も沢山経験させてもらいました

食生活、ライフスタイル、考え方、生き方
これらを変えれば治るのではないか?
そう思った事も沢山あります
しかし、これは当人が何を選択するのか、に掛かっているのです

これは決して西洋医学を否定しているわけではありません
急性の症状に関しては、とても大切な考え方であると思います
そのお陰で救われたことも沢山あります

ただ、自身を含め、私の周りには慢性的な病が多く
その人の選択によって行動を変えればもっと自然な状態で健康に
生きることができたのではないか、という事柄が多かったのです

2019年に自身も体調を崩し、身体、心、命に向き合うことになります

しかし、そこで心の支えとなったのがホリスティック栄養学でした
学びそのものが私の治療となっていったのです

2019年から2020年春にかけて起こった様々な出来事から
沢山のギフトを受け取り、自分の真ん中に戻り
私が在る世界を生きるということを思い出せたのです

人生は自分の選択の連続で創られていきます
病気もそのひとつだと言えます

一見ネガティブに見えることも人生の一部の体験であり
その人の生きる力になると信じています

思い返せば、20年以上前に出会っていたもの
それが酵素と量子力学でした
当時は、健康に欠かせないものなのではないかと思い色々と調べていましたが
その頃はまだ日本には殆ど情報がない時代

今だからこそ、酵素や量子力学を網羅した
米国最新の栄養学であるホリスティック栄養学に辿り着けたのだと思います

そして、このホリスティックな考え方こそ
健康へ導けるものだと確信しています

目に見える世界から目に見えない世界まで学び
日常の中で時間をかけ
丁寧に自分の中に落とし込んできた私は、強くそう感じます

全ての人が100%死に向かって生きています
それは決してネガティブなことではなく魂の成長のプロセスです

老化することで機能が衰え、病気が発現することはあり得ることです

しかし、全てが老化が原因でしょうか?
遺伝が原因でしょうか?

選択する、ということを司っている心のことなど
考えている人はとても少ないのではないでしょうか

あなたの選択によって
食べるものもライフスタイルも変えることができるのです
全ては自分次第です
私達は元々自分で決めることが出来る自由な存在なのです

栄養素を摂り入れても改善する人としない人がいる
同じものを食べても痩せる人もいれば太る人もいる
病気になる人もいればならない人もいる
十人十色

これは個性であり、全て周りの人と同じことをしても駄目だということです

最新の栄養学であるホリスティック栄養学をベースにお伝えして参ります

食べ物や心がどのように私たちに影響を与えているのかを知り
食生活、ライフスタイルを変え、免疫機能を強化し
病気になりにくい身体と心の土台をつくり
日常で実践し続けることで
これからの時代をより元氣に自分らしく生きて行くことを目的とします

★ 個人栄養コンサルは こちら
ホリスティック栄養学食生活×ライフスタイル×心 体質改善プログラム