病気がちだった幼少期。 音楽や絵画が大好きな大人しいのんびりな性格の女の子。
いじめ、喧嘩、暴力など、人間関係や団体生活に苦痛を感じることも多くあった。

家庭では、姉の言動が理解できず苦しむことが多く、 どうして話しても分かり合えないのか、いつも考え、家族が振り回されていた。

大人になるにつれ、状況はエスカレートしていく。 病気なのか、霊的な現象なのか、色々と考え対応するも状況が好転することはなかった。

2006年3月、病気で父が他界。目に見えない世界、亡き父の存在を強く感じる。 同時に、目に見える世界だけで物事を捉えることは出来ないと知る。更に状況はエスカレートしていく。
そんな中、家族が霊媒師から詐欺に遭う。生きる希望を見いだせないまま 2010年、気功に出会う。

今まで、さまざまな人や機関に相談するも、本人の意志が変わりたいと思わなければ決して変わることがないと知った現実。家族を通してすべてを受け容れていくことしかないということを学んだのだと感じる。

人生を苦しめてきたものは何なのか、これからの人生を切り開くために目に見えない世界をきちんと学びたいと思い始める。

その頃、メンター(うささん)の本『フツーの主婦がチャネラーになっちゃた!』と出会う。

2012年9月、メンターに会う日がくる。 スピリチュアルを学ぶにつれ、今まで自分の人生を生きていなかった 周りの状況や家族が変わらない限り、絶対に幸せにはなれない、 と思い込んでいたことに気付く。

そして、日常でスピリチュアルを実践し、自分が自分らしく生きることで 周りにも影響していくことを実感する。

2014年11月、本格的にスピリチュアルのお仕事を始動。

家族とは、とてもご縁が深く、過去からの繋がり、全てが深く絡み合っている。
どうして?
家族なのにうまくいかないのだろう・・・
家族なのに分かり合えないのだろう・・・
家族なのに分かってくれないのだろう・・・
そう問うことで、無意識に自分を傷つけていた。

人は、色んな人と関わることで、自分を知り、学び、成長していく。 生まれて初めて関わるのも家族という人間関係。

家族の前に、個々の人間である。現状や周りの家族を変えることはできない。
それぞれに学ぶテーマやプロセスがあり、人生のシナリオは自分で決めてきているのだから。
できることは、相手を尊重し、信頼し、感謝し、愛を送ることだけ。

『自分が思い描く、幸せな家族ってどんな形?』 この問いの答えに、自分で自分を縛っていた。

生き方、考え方、人生の学び方は人それぞれ。 個々が一生懸命生きている。
相手を尊重するように、自分も尊重、信頼して愛してあげよう。そこから見える景色は、今までとは違って見えてくる。

家族に起こる障害、病気や別れ、さまざまな経験を乗り越えてきたことで、 スピリチュアルを通し『家族に振り回されてきた』 『自分の人生を置き去りにしてきた』など 家族との関わりで苦しむ方に、愛と感謝の心で自分の人生を歩き出すお手伝いをさせて頂きたい、と邁進中。